食べてたるみ対策

コラーゲンやヒアルロン酸などが不足すると、お肌の保湿力や
弾力性がなくなり、たるみやシワの原因となると言われています。
化粧品で補うことも大切ですが、元々は体内で生成している
成分なので、食品で摂取することが望ましいとされています。

代表的な食べ物は!?

鶏肉の皮や牛すじです。
鶏肉の皮には、コラーゲンとともに肌の真皮層の構成成分となっている
ヒアルロン酸も含まれています。
コラーゲンは煮ることで繊維がほどけるため、吸収率が高まると考えられます。
また体内でコラーゲンをつくるにはビタミンやミネラルも合わせて
摂取するとよいそうです。

他に食べておきたいものは!?

利尿効果で知られるきゅうりなどのウリ科の野菜に多く含まれている
シトルリン(アミノ酸)には、代謝を改善する効果があります。
抗酸化機能もあり、新陳代謝の向上やむくみの改善が期待できます。
玉ねぎには、別名「ビタミンP」とも言われるケルセチンという
ポリフェノールが含まれています。
ビタミンCの吸収を助ける役割や、血流改善効果が知られています。
ポリフェノールは種類が豊富で、約4000種類以上あるといわれていますが
ほぼ共通していえる特徴は抗酸化作用です。
アンチエイジングには重要な成分ですね。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをし、保湿作用があります。
ハリのあるお肌のために、納豆も積極的に摂取したいですね。

規則正しい生活が基本

これらの食品は、毎日バランス良く摂取できることがベストですが
なかなか大変ですよね。
朝・昼・晩と三食のメニューに毎度取り入れることは難しいですが
夜は栄養素の摂取効率が良いとされているので、なるべく晩御飯の
メニューには加えておきたいですね。
しかも睡眠をしっかり摂ることで消化吸収も良くなります。
規則正しい生活が基本ということですね。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2016 顔のたるみは毎日のマッサージで改善 All Rights Reserved.